種類がたくさんある

教室

用途によって使い分けよう

客席を設ける時に普段は別の用途で使っている会場なら、据え置きではない方がいいかもしれません。例えば、折りたたみ式を利用してみましょう。折りたたみ式の客席なら必要な時だけ広げて使うことができるので、とても便利です。ただし、折りたたみ式の客席といっても種類がたくさんあります。用途に合わせて使い分けることが大切です。例えば、スポーツ観戦など、屋外で客席を設ける時にも折りたたみ式のものが使われることがあります。これは横に繋げるタイプのアルミ製が一般的です。2段5連セットのように製造販売されていることがあり、このくらいの規模だと40万円近くかかります。たくさんの来場者が見込めるのなら、とても便利なタイプです。一方、映画館や講演会場といった室内ホールの場合、これらの客席も折りたたみ式ではありますが備え付けタイプがほとんどです。備え付けではあっても、使わない時には座る部分を上に折り曲げてたたんでおくことができます。このようなタイプは設置工事が必要です。何台、設置するのかによって費用も違ってきます。かなり大掛かりなものとなることでしょう。もちろん、もっと安くて簡単なものもあります。卒業式や入学式といったイベントで体育館に客席を作ることもあるはずです。このような時に使われる椅子も折りたたみ式ですが、いわゆるパイプ椅子といったものになります。一台一台、広げて使えるようになっており、全体的に安価なものが多くなっています。

Copyright© 2018 土のう袋を購入しよう【持ち運び便利の商品を選ぶ】 All Rights Reserved.