環境に配慮した土嚢袋

工事

土嚢袋の選び方

今回は工事現場や工場で見かける機会のある土のう袋の選び方やどの様な種類があるのかをご紹介していきたいと思います。まず始めに土のう袋とは布袋の中に土砂を詰めて錘や堰き止め用として用いられる土木建材の事です。工事現場や工場などで用いられる場合は主に重りとして用いられることが多く、常備されていることが多いです。また、製紙工場では紙を作る際に必要な毒性のある液体が河川に漏れ出した場合に備え、布袋が耐水の土のう袋が常備されています。他にも土のう袋は戦場の訓練や実戦に用いられることがあります。主に土のう袋を積み、それを相手側からの銃撃に備えるための盾として用いています。このような場合の土のう袋に用いられる袋は対火性に優れているものや刃物や銃弾が当たっても破れにくい素材を使用しています。また、布袋の中身を土だけではなく、小石や強度の高い鉄製の玉などを加え、通常の土のう袋では再現することのできない強度を生み出しています。また、キャンプや野外での活動で利用することが多いテントを張る際にテントの脚を支える錘として用いられる場合もあります。この場合に用いられる土のう袋に使用される土は緑化の土木建材の土が使用されており、生分解性プラスチックを含んだ土が利用されていたり、布袋自体が生分解性プラスチックの繊維で編まれているものを利用し、万が一山の中で捨てられた場合でも自然のサイクルを阻害しないような工夫がなされています。

Copyright© 2018 土のう袋を購入しよう【持ち運び便利の商品を選ぶ】 All Rights Reserved.